外壁塗装

外壁塗装の役割とは?

「汚れた外壁を美しく見せる」
外壁塗装の役割を、このように認識されている方も多いのではないでしょうか?
本来の外壁塗装の役割は、雨や紫外線といった外的要因から、住まいを保護することにあります。
塗膜で外壁表面をコーティングすることで、外壁内部への水の浸入や紫外線のダメージで劣化することを防いでいます。

塗り替えサイクルは、立地環境や塗料の種類によって異なりますが、おおよその目安は10年前後。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁材の劣化を早めたり、最悪の場合は雨漏り被害を引き落とす可能性がありますので、注意が必要です。

塗料の種類

● アクリル塗料 【塗料グレード:★☆☆☆☆ / 耐久年数:約6~8年】
約20年前に開発された、古くからある塗料です。
色の再現性が高いことから、昔は主流の塗料でしたが、劣化が早く塗膜も固いのでひびが入りやすく、塗り替えのサイクルが短いのが難点です。

● ウレタン塗料 【塗料グレード:★★☆☆☆ / 耐久年数:約7~10年】
塗膜がやわらかく、密着性に優れているため、細かい部分の塗装にも適しています。
価格・耐久性・機能性のバランスが良いことから万能塗料とも言われていますが、耐久性や性能が上位の塗料より劣るため、選ばれることが少なくなってきました。

● シリコン塗料 【塗料グレード:★★★☆☆ / 耐久年数:約12~15年】
近年価格が下がってきたこともあり、人気を集めているシリコン塗料。
シリコンを含有することで、汚れにくさと性能を両立させ、高い耐久性を実現。
シリコン塗料をベースとした、様々な特殊塗料も数多く開発されています。

● ラジカル塗料 【塗料グレード:★★★★☆ / 耐久年数:約14~16年】
2015年に発売された、比較的新しい塗料です。
従来の塗料にはない高緻密なシールド層が特徴で、紫外線・酸素・水による劣化をブロックすることが可能。
価格はシリコンとほぼ同程度ですが、耐久性の高さから人気を集めています。

● フッソ塗料 【塗料グレード:★★★★★ / 耐久年数:約15~20年】
他の塗料に比べて、優れた対候性を発揮するのがフッソ塗料。
価格は少し高めになりますが、その分様々な機能を持ち合わせており、優れた耐久性が期待できます。
東京スカイツリーの鉄骨塗装に採用されるなど、高い評価を得ており、近年では屋根を中心にフッソ塗料を選ばれるお宅が増加傾向にあります。

一覧ページに戻る