屋根塗装

屋根塗装の役割とは?

雨・風・雪・紫外線・温度変化…厳しい自然環境にさらされ続ける屋根。
その分劣化のスピードはお住まいの中で最も早く、定期的なメンテナンスを欠かすことができません。

特に屋根に表れやすい症状が、鉄部のサビやコケ・カビの繁殖です。
いずれも屋根の部材を腐らせたり、もろくする原因となり、最悪の場合は雨漏りを発生させてしまいます。

そんな屋根の劣化を防ぐ重要な役割を担っているのが屋根塗装。
屋根材をコーティングし、強力に防水するのはもちろんのこと、高い防錆性・抗菌性でサビやカビの発生を防止します。
さらに遮熱・断熱性の高い塗料を選べば、夏場・冬場の室内環境改善にも役立ちます。

塗料の種類

●断熱塗料
熱の伝導を抑える働きを持つ断熱塗料。
夏場は太陽光の熱が屋内に伝わるのを防ぎ、冬場は室内の熱が外へ逃げるのを防いでくれるため、一年を通して快適な室内環境が実現。
遮熱・断熱の機能を併せ持った塗料も多数開発されており、外壁塗装や屋根塗装に用いるご家庭が増加しています。

●遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、室内の温度上昇を防ぐ遮熱塗料。
製品によっては、屋根の表面温度上昇を最大で10~15℃も抑制することが可能となります。
「夏場になると2階の部屋が暑くて寝られない」「冷房代を節約したい」というご家庭におすすめです。

●低汚染型塗料
廃棄ガスや酸性雨などで塗装面が汚れると、美観が損なわれるだけでなく、塗装の耐久性も下がってしまいます。
そんな汚れを防ぐ効果を持った塗料が、低汚染型塗料。
親水性のある塗料を使うことで、塗膜面に雨水が膜を形成し、汚れが付着するのを防ぎます。

●光触媒塗料
お子様や高齢者がいらっしゃるご家庭などで、環境を考えたい方におすすめなのが光触媒塗料です。
光を照射することで、有機物を分解し、カビや排気ガスによる住まいの汚染を防止。
ホルムアルデヒドなどの有害物質を削減します。
ただし、建物の構造やどの方角を向いて建てられているかで、効果が左右されるというデメリットもあります。

●防カビ・防藻塗料
各塗料メーカーから様々な種類が製品化されており、中でも防カビ材を添加しているタイプが多く販売されています。
カビや藻はそれ自体が湿気を多く含んでいるため、外装材を傷める原因になりやすいのです。
日当たりの悪い立地の場合では、特に大きな効果を発揮します。

一覧ページに戻る